背中ニキビの原因となる化学繊維の素材で作られた衣服を避けるべき理由を解説!

MENU

背中ニキビに優しい服の素材

最近は顔のニキビだけでなく背中ニキビで悩む人が増えてきていますが、その原因のひとつに「服の素材」が挙げられます。

 

私たちが日常的に身に付けている衣服には実にさまざまな素材が使われていますが、中でもポリエステルやアクリル生地といった「化学繊維の素材」は日常に溢れています。
しかし、こうした化学繊維の素材で作られた衣服を身に付けていると背中ニキビの原因になる事もあるので注意が必要です。

 

ポリエステルやアクリル生地というのは汗を上手く吸収することが出来ず、通気性も悪いので化学繊維素材の衣服を身に付けていると汗が背中に留まってしまい、ニキビの原因菌である「アクネ菌」の増殖を助長してしまうのです。

 

また、化学繊維の素材で作られた衣服というのは硬く弾力性もないため、お肌への摩擦力が大きくなってしまう傾向があります。そのため、衣服と素肌がこすれるたびに角質層を削り取ってしまい、その刺激が原因で背中ニキビを発症してしまうケースも数多く見受けられます。

 

そのため、背中ニキビが出来てしまったらまず第一に「着ている衣服の素材を見直すこと」から始めることが大切です。

 

たとえ肌触りがすこぶる良くてもポリエステルやアクリル生地といった化学繊維の存在で作られた衣服は汗の吸収が悪いのでなるべく避け、「木綿素材の衣服」を意識して選ぶようにする必要があります。

 

木綿素材の衣服は背中への刺激が少なく、吸水性や通気性に優れているので背中ニキビを予防するのに最適です。また、木綿素材の衣服は季節を問わずに着用することが出来るので、一年中背中ニキビの予防・改善が行えるという利点があります。

 

また、冬になるとウールやニットといったチクチク刺激を背中に与え易い素材で作られた衣服を身にまとう機会が増えますが、これらの素材による刺激は背中ニキビを悪化させて炎症や化膿などの症状を引き起こす恐れがあるので避けた方が無難です。

 

もし防寒具を選ぶのであればウールやニットといった素材は避けて、先にも述べたように出来る限り木綿素材の衣服を選ぶように意識する事が大切です。