ニキビ改善サポート/肌の種類を理解する

MENU

肌の種類

人間は十人十色ですから肌の質も十人十色です。

 

ニキビやニキビ跡の対策をする前に、自分の肌の種類を理解しておく必要があります。

 

肌の種類は一般的には以下の4つが挙げられます。

 

1. 乾燥肌タイプ
皮脂の分泌量が少なく、乾燥してカサツキやすく、肌のキメの細かさが粗く、整っていないことが多い。
ちょっとした刺激によってかぶれたり湿疹ができてしまう。
また皮脂膜が十分に形成されないため、肌のターンオーバーも悪く、トラブルがあると回復まで時間がかかってしまう。

 

2. 脂性肌タイプ
皮脂の分泌量が過剰で、皮膚が厚くなりやすく、表面がデコボコに見えがちで顔全体が皮脂でテカっている。
毛穴が大きく開いており、皮脂や汚れが詰まりやすくニキビができやすいタイプ。
毛穴に皮脂が参加して黒ずんでいることも。

 

3. 混合肌
部分的に乾燥していたり、ある部分は皮脂分泌量が多く脂っぽい肌のタイプ。
よくあるのは額や鼻などは脂の分泌量が過剰で、その他の部分は乾燥しているタイプ。

 

4. 普通肌
皮脂の分泌量が適正で、肌のトラブルが起こりにくく、きめも細かく整っていて理想的なタイプ

 

 

あなたはどのタイプでしょうか?

 

事前に自分の肌のタイプをわかった上で、化粧水や化粧品を選ぶようにしないと、
ニキビだけでなく肌が荒れる原因にもなります。

 

事前にセルフチェックをしておきましょう。