肌を再生する働きをするたんぱく質、身体の機能を維持するブドウ糖、体内に老廃物を溜めない食物繊維を十分に摂取し、脂肪分、糖分を避けるようにしましょう。

MENU

食生活の影響による背中ニキビ

ニキビができやすい体質には、食習慣が大きく関係しています。

 

ニキビのできる原因の一つとして、

  • 体内に毒素が溜まっていること
  • 老廃物が排出されていないこと

があります。

 

毒素が溜まる理由の中に、食品添加物として食物と一緒に体内に入った化学物質が、体内にとどまってしまうということがあります。

 

 

  • 口当たりを良くする為
  • 旨みを引き出す為
  • 見た目を良くする為
  • 食欲をそそる為

に、加工食品には様々な添加物が配合されています。

 

もちろんすべてが体に悪いものと言うわけではありませんが、身体に悪影響を与え、毒素として体内にとどまってしまう添加物も少なくありません。

 

ニキビの対策としては、ファストフード、ジャンクフード、添加物の多い加工食品を避けるように心がけましょう。

 

食事のメニューは、野菜、キノコ類、豆類、魚介や海藻類を中心に、肉、乳製品、砂糖は避けるようにして考えましょう。

 

基本的に、タンパク質とブドウ糖、食物繊維は十分に摂取し、脂肪分、糖分を避けるようにします。
たんぱく質は肌を再生する働き、ブドウ糖は、身体の機能を維持するため、食物繊維は体内に老廃物を貯めない為に必要だからです。
野菜は、生の野菜をサラダにして食べるより、温野菜の方が体を冷やさないので、ボイルしたり、煮たりして調理しましょう。
野菜炒めは、油を使うので避けた方が良いです。

 

また、市販のサラダドレッシングには、驚くほどさまざまな添加物が配合されている製品が多くありますので、ドレッシングはオリーブオイルを使って自分で作るようにするか、成分表示をよく確認して購入するようにしましょう

 

ジュース類やお菓子類にも添加物が配合されていますし、糖分の摂り過ぎになってしまうので、避けるようにしましょう。

 

麺類は、パスタやうどんよりも、食物繊維の含まれているそばを食べるようにしましょう。

 

アルコール、カフェイン類は、どんなに食事の内容に気をつけても、効果を半減させてしまうので、過剰に摂取しないように気をつけてください。
タバコは、厳禁です。

 

 

>>背中ニキビ改善-食生活編はこちら