ニキビ改善に効くスキンケアの知識

MENU

背中ニキビの治し方【スキンケア編】

 

背中ニキビを治すのにもっとも直接的に関係するのがこのスキンケアです。
他の食生活、生活習慣、睡眠などは基礎的なものですし、基本的に間接的なので効果が現れはじめるまで時間がかかります。
振り返ってみてそういえば最近にきび出来てないなぁ~と思ったら、「あ、あの習慣のおかげかな」みたいなイメージです。

 

それに比べてスキンケアは直接のケアなので効果(必ずしも治るとは限りませんが)も短期で現れます。正しい知識をもとにぜひスキンケアをやっていきましょう!

 

 

 

触らないこと・潰さないこと

 

ニキビができても絶対に触らない・絶対に潰さない
気になるからといって無闇にやってはいけない。これが改善のための第一歩である。

 

背中のニキビを気にして触ったりすると、ニキビ跡の原因になる。
(※詳しくはこちら

 

 

 

ゴシゴシ洗わない

 

お風呂でゴシゴシ洗うのはNGである。

 

ボディソープを使って体を洗っていると思うが、ゴシゴシとこすってはいけない。
それをやると「触る・潰す」と同じかそれ以上の悪影響がある。
かといってその部分を洗わないというわけにもいかないので、しっかりと泡立ててやさしく泡で洗うようにしよう。

 

 

 

ぬるめのお湯で洗う

 

熱々のシャワーを当ててはいけない。

 

顔にできた場合などは洗顔にぬるめのお湯を使う必要がある。
それと同じように背中にできた場合にも、ぬるめのシャワーなどで優しく洗わなければいけない。

 

ポイントは2つある。
1.刺激をあたえないこと(これはゴシゴシ洗わないのこと同じ)
2.毛穴を開かせ余分な皮脂を落とす

 

体温より少し低いかなくらいのぬるま湯をお使って洗うことで、毛穴に詰まった余分な皮脂が出て行きやすくなる。

 

シャワーでの調節が難しいようであれば、桶に一度ためてからパシャパシャと洗うのもよい。

 

 

 

ニキビ専用化粧品を使う

 

ニキビ専用の化粧品で定期的に背中をケアする。

 

ニキビケア化粧品の役目は保湿である。
ニキビを乾かさないようにしっかりと潤いを与え、炎症を防ぐ。

 

市販の洗顔料ではなく肌への刺激が強かったり、油分が強かったりするので必ずニキビケア専用化粧品を使うこと。

 

(※当サイトおすすめのニキビケア化粧品はこちら

 

 

病院へ行く

 

皮膚科へ行く。

 

ニキビケア専用の化粧品でも治らなければ専門の病院へ行く必要がある。
もちろんそれで100%治る保証はないが、現在では医療も進んでおりケミカルピーリングと呼ばれる治療法やビタミンCによる塗り薬などいくつか方法がある。

 

ただし人によって刺激が強すぎる場合もあるので、自分の肌に合わないと思ったら途中で止めたり、セカンドオピニオンをすることも考えること。

 

 

●こちらもチェックしましょう!
生活習慣を改善する
食生活を改善する
睡眠を改善する