睡眠で改善?!背中ニキビ改善法

MENU

背中ニキビの治し方【睡眠編】

 

 

生活習慣とも関連してきますが、睡眠はニキビに大きく影響します。
実践したからといって1ヶ月2ヶ月で何かが変わるか、といえば変わらないかもしれません。
ですが、人の体は細胞が数週間、数ヶ月かけて生まれ変わるので、習慣づけておかないと未来のあなたの背中はヒドイことになってしまいます。

 

 

 

早く寝る

 

基本的に夜12時前には布団に入ること。

 

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯が夜10時~夜中の2時までで。
その間に風呂に入り寝る準備をし布団に入ることで健康・美容ともに最大限の効果を発揮する。
背中ニキビを治したいと思っているのにテレビやインターネットをやって夜更かしするのは愚の骨頂である。

 

 

早く起きる

 

最もいいのは朝日のまぶしい光で起きること。

 

早起きの効果はふたつある
1.早く起きることで夜は早く眠くなる
2.朝陽ととともに起きることで健康的な毎日を送れる
いずれも大事なポイントでありニキビを直すためには欠かせない。

 

 

8時間睡眠すること

 

皮膚の再生や栄養補給にはだいたい8時間前後の睡眠が必要

 

十分な睡眠をとることで、寝ている間に栄養が皮膚に補給され、不要になった老廃物が排出され、細胞が新しくなる。
食生活の改善を最大限に生かしたければ必ず8時間以上睡眠をとること。

 

4~5時間で疲れは取れると思うかもしれないが、背中ニキビ改善のためのからだ作りという点ではまったく足らない。

 

 

 

シーツ・布団は清潔に保つ

 

背中に触れるものはすべてキレイにすること。

 

意外におろそかにしているポイントである。
顔ニキビの場合は枕を清潔に保つことが大事であるが、背中ニキビの場合はシーツ・布団がそれに該当する。

 

 

シルク地の服を着て寝る

 

寝るときのパジャマはシルク地のものにする。

 

シルクの洋服は肌がこすれる時にも優しい心地なのでおすすめである。
背中ニキビの場合、まったく触れないで寝るというのはまず不可能であることから、触れたときにできるだけ刺激しないためにどうすればいいかを考えるべきである。
そのひとつのアイデアとしてシルクの服はいかがだろうか。

 

 

●こちらもチェックしましょう!
生活習慣を改善する
食生活を改善する
スキンケアで改善する