ニキビになりやすい人の体質には共通点がある?!

MENU

ニキビになりやすい体質

身の回りにニキビで悩んでいる人がいるかと思います。

 

親が若いころニキビに悩んだ経験があるなら、子もニキビに悩む可能性があります。

 

ある特定の病気が遺伝するのと同様、ニキビも遺伝的要素が強いものとなっています。

 

ニキビになりやすい肌質というのは遺伝するのです。

 

 

一つは角質遺伝によるものがあります。

角質が増殖することによって毛穴の角質自体が厚くなり、それが皮脂のつまりなどを引き起こし、その結果ニキビを発生させる原因になります。
この角質が厚くなり方は個人差があり、遺伝的要素が強いといわれています。

 

 

もう一つは酵素の分泌量の遺伝によるものがあります。

テストステロンをデヒドロテストステロンに変える酵素、5a-リアクターゼというものが多いほど皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすくなります。

 

 

これらのことからニキビは確かに体質的にできやすい人と、できにくい人がでてきます。

 

しかしニキビができやすいからといって悲観的になる必要はありません。

 

今は医療が発達し、ニキビは改善することができるということがわかっています。

 

30年前に比べたらニキビを改善する方法が大幅に増えていますので、
自分にあったニキビ対策をしていけば改善していくのは間違いありません。

 

ですから、現代の医療、療法を駆使してニキビ体質を改善していきましょう。